2/25 ひざ関節の日

pic_20200225_1Tu5Ud2Qn4

ひざ関節の日」である2月25日は、膝(2…knee:ニー)が、にっこり(25)という語呂合わせでキューサイ株式会社が「「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」」のPRのために考案しました。年齢とともに機能が低下し、痛むことが多くなってくる膝を健康に保つことは、いつまでも元気な体でいるためにとっても大切なことなのかもしれませんね。

 そんな「ひざ関節の日」の写真の舞台となっているのは、一見「ひざ」とは関係ないように見える風景の写真です。山の上らしきところから急な斜面の先に見港町を見下ろすこの場所は、どこかお分かりでしょうか。素敵な海と島に囲まれたこの場所は、広島の中でも多くの観光客が訪れる場所「尾道」です。

尾道の路地

 猫の街としても有名なここ「尾道」は、かわいいにゃんこを探しにいくにも、瀬戸内海を見下ろす素敵な景色を眺めるにも、階段を上っていかなければなりません。千光寺やにゃんこスポットを探しにいくには、駅を降りてすぐ海を背に階段を上ることになります。住人の方の話を詳しく伺ったことはありませんが、並みのひざではこの階段は上り切れないでしょう。

 この写真の場所は車でもロープウェイでも行くことはできませんので、自分の足で、自分のひざを使ってここまでたどりつかなければなりません。この景色を見るためには「自分の膝力」が必要です。まさに「ひざ関節の日」にふさわしい場所です。

 使わない体の機能は衰えやすく、ひざの健康を保つには、普段から自分の足でちょっと頑張って歩くようにすることが大切ですね。素敵な景色に出会うためにも、健康な人はエレベーターを少し減らして階段を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?


[広告]